マナーをまもった弔電の利用について

人生の中で身近な人や知り合いなどの葬儀に出席する機会はでてきます。そんな時、場所が遠いといった理由や仕事や用事など、どうしても葬儀や告別式出席できない場合として弔電というサービスがあります。この弔電ですが、最低限のマナーとして早くに出すのが基本となります。告別式や葬儀の前日までに到着するように依頼するようにすると良いです。遅くても告別式の3時間前までには届くようにします。葬儀を開くご遺族はなにかと忙しいため、早めにだすのが遺族に対する配慮にもなりますので、覚えておくようにしましょう。宛名は喪主の方の名前になりますが、分からないと言った場合にはご遺族様といった宛名でも問題ありません。弔電が多数届く場合を想定して、自分自身の名前や会社名や住所などはしっかり記載することで、ご遺族のかたへ分かりやすいようにすることも基本となります。

弔電を利用する方法について

生活するなかで知り合いや友人など、不幸の連絡を受けることがあります。そんな時は、慌てずに準備をして告別式や葬儀へ参加して最後のお別れに行くようにします。ですが、どうしても仕事や場所が遠方といった理由など、参加ができない場合などは弔電を利用することができます。喪主や遺族の方へ送る弔意を表す電報となりますが、方法は様々あります。まずは電話で依頼する場合です。電話で依頼する際は、喪主の方の自宅に送るのか、葬儀場に送るのかをきめて住所などは調べておきましょう。文例などはすでに用意されているので、オペレーターの指示に従えば問題ありません。もうひとつの方法としてインターネットでの依頼も可能です。マニュアルにそって依頼できるので簡単です。電話とインターネットでは営業時間などが異なるので注意すると良いです。マナーとしては遅くに届くのは失礼になるので、式などに参列できない場合はすぐに打電するようにしましょう。

弔電の送り先や宛名などについて

生活の中で突然の不幸の知らせがあった場合は、早々に告別式や葬儀へ参加する準備をします。ですがどうしても何らかの理由で参加できない場合は、弔電を利用して参加できない胸を喪主の方へ送るのがマナーとなります。この弔電ですが、頻繁に利用するもではないため、送り先や宛名をどうしたらよいか分からない場合も多いです。まず送り先ですが、喪主の方の自宅か葬儀場のどちらかになります。どちらに送るにも問題はありませんが、遅くに送るのはマナー違反になりますので告別式や葬儀の前日には届くように送るようにします。次に宛名ですが、基本は喪主の方の名前を書いて送ることになります。ですが喪主の方の名前が分からない場合などは、ご遺族様といった名前での記載でも問題ありません。連絡先が分かっているのであれば、電話などで参列できない旨をわびつつ、喪主の方の名前を確認してもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.